ブログ

【ブログの登竜門】グーグルアドセンスとは?メリット・デメリットまとめてみた

こんにちは、こんばんは

むねです。ブログを書き始めて現時点で2か月目に入りました。

ところでブログをやってる人は、ブログ収益化の登竜門「グーグルアドセンス」を聞いたことってありますよね?

ブロガーたるもの収益化って夢のあることですよね!

そんな登竜門であるグーグルアドセンスとはいったい何なのか、メリット・デメリットをまとめてみました

これからアドセンス審査に申し込もうと思っている人にグーグルアドセンスがどういうものなのかを知ってもらえたら嬉しいと思います。

この記事を読んでわかること

・グーグルアドセンスとは?
・メリット・デメリットは?

グーグルアドセンスとは?

「GoogleAdSense(グーグルアドセンス)」とは、オンラインコンテンツから収益を得ることができるサービスでコンテンツ、訪問者に基づいて関連する広告がサイトを運営者のページに表示されます。

広告のクリック数、表示回数、などでグーグルから収益を得られる仕組みになっています。

俗に言うクリック型の成果報酬広告というわけなのです。

なお利用費用は無料になっていているのですが審査があるので、アドセンス申請のページから申し込んでみてください!

グーグルアドセンスのメリット

  • クリック報酬なので購入されなくても収益がある
  • 自信で広告を選ぶ必要がない
  • 自分の好きなテーマで収益化が可能

クリック報酬なので購入されなくても収益がある

グーグルアドセンスはクリック報酬型の広告となっていて、成果報酬型の広告と違い商品を購入されることにより収益が発生するものではないのでその点は考える必要はないのです。

成果報酬型=クリック→購入

となっていますが、グーグルアドセンスはクリックだけで収入を得ることが可能です。

自信で広告を選ぶ必要がない

グーグルアドセンスはサイトのコンテンツなどに合わせて広告が自動で選出されます。

ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)広告を使う場合は記事の内容などにより自分で選ばないといけないのですが、グーグルアドセンスの場合は自動で広告を選んでくれるので記事に集中することができます。

自分の好きなテーマで収益化が可能

自分で広告を選ばなくていいということは、自分の書きたいこと、好きなことを記事にすることができるということ

グーグルのポリシーに反するコンテンツ、主に「アダルト」「反社会的」なテーマなどはだめです。

なので違反しないコンテンツの内容であれば自分の好きなテーマで稼ぐことができるのです。

自分の好きなこと、趣味や興味のあることなどであれば話の尽きない人は多くいると思います。

なので長期的に見れば記事の内容や投稿頻度なども気にせずに続けていくことが可能であると思います。

グーグルアドセンスのデメリット

  • アドセンスの審査が割と厳しい
  • 支払い条件の最低金額がある

アドセンスの審査が割と厳しい

グーグルアドセンス広告は初心者にとって収益化できるといった半面審査があり、それを合格することができなければ話になりません

いろいろリサーチした結果

  • 記事数が5記事以上
  • 1記事の文字数が1500~2000くらい
  • アフィリ広告を貼っていない
  • オリジナリティーのある記事である
  • サイトマップ・プライバシーポリシーなどの固定ページがある

など、具体的な合格ラインなどについては詳しく公にはなっていないのですが
こういった点などが挙げられます

グーグル側の掲げる理念に基づいてサイト作りをしていけばよいのではないでしょうか

支払い条件の最低金額がある

グーグルアドセンスには最低支払金額があります。

8,000円以上の報酬で銀行に振り込まれます。

8,000円以上の報酬となるとアクセス数の少ないサイト運営者にとってはかなりきついことだと思います。

なので報酬を振り込まれるよりもまずは

0を1にする

アクセス数を増やす

という点に視野を置いて収益が出たらとことん喜びましょう!!

まとめ

今回の記事ではグーグルアドセンスのメリット・デメリットに関して紹介してみました。

メリットとしては、主に

クリック報酬、広告を自分で選ばなくてもいい、好きなテーマで収益化が可能

デメリットは

アドセンス審査が割と厳しい、報酬を受け取れる最低金額がある

といったことが挙げられました。

これから審査に申請を出そうと思っている人、気になっている人などに少しでも参考になればいいと思います。

審査は何度でも挑戦することができるので何回でもチャレンジしてみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
また次の記事でもよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-ブログ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。